新着情報

2021年1月 6日所長 弁護士 竹下 義樹

年始のご挨拶

 あけましておめでとうございます。

 まずは、本年が新型コロナウイルス(COVID19)の感染拡大を防止し、わが国を含む世界がCOVID19を克服する年になることを期待したいと思います。

 2020年は、COVID19に明けてCOVID19で終わるという、だれもが予測できない1年でした。
 そのため、東京オリンピック・パラリンピックをはじめ、多くの行事や諸活動が中止され、日常生活の困難、雇用の不安定化、経済活動の停滞などが余儀なくされた1年でした。
 われわれは、人間の知恵として、そして歴史の蓄積として、COVID19から何を教訓として学び、どのような社会を創り出すかが問われています。
 そのためには、政治は何をすべきか、経済活動はどうあるべきなのか、そして日常生活はどう変えなければならないのかを問い続けることになります。
 私は、COVID19の下で問われたのは、人の命であり、基本的人権の重要性だと思います。
 また、経済のグローバル化がCOVID19のパンデミックにつながったことが指摘されていますし、国内を見ても都市化や一極集中が全国的な感染拡大を招いたとも言われています。
 他方では、地方自治体の役割や地域の重要性が再認識され、地域生活を支える経済、あるいは医療や雇用を支える社会保障の在り方が問われています。

そうした中にあって、われわれ弁護士ないし法律事務所は、地域経済を担なっている中小企業にどのように関わり、雇用や医療をはじめ社会保障の分野で、命と基本的人権の保障のために何ができるかを問い続ける1年にしたいと思います。
 昨年は、改正民法の施行をはじめ、さまざまな法改正が行われましたし、本年も新しい時代に即した法改正や制度改革が進められるものと思います。
 そうした動きに対応するため、引き続き学習や研修によって研鑽を重ね、依頼者に寄り添い、そのニーズに応えられる力量を身に着けていきたいと思います。

本年が、皆さんにとって平和で充実した1年になることを祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。