新着情報

2015年4月 1日所長 弁護士 竹下 義樹

ご挨拶

謹啓 桜花の候、皆様方には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
 さて、この度当事務所の佐野真太郎弁護士が4月1日付で千葉県弁護士会に登録換えすることになりました。佐野弁護士は縁あって当事務所にて平成23年12月から勤務していただき、皆様にご指導賜りましたが、出身地である東京に戻り東京湾岸法律事務所にて執務する運びとなりました。佐野弁護士には今後もより一層活躍されることを期待しております。
 また、育児休職中だった馬杉安沙子弁護士は子育てが一段落したことから、4月1日付をもって当事務所に復帰することになりました。子育て中の執務であり大変なこととは思いますが、持ち前のがんばりで奮闘してくれると思います。
 今後も、京都の弁護士8名と東京の弁護士2名が連携しながら、みなさんのご期待にお応えできるよう努力する所存です。
 最後に、今まで同様、つくし法律事務所の仲間に対するご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
敬具
平成27年4月1日
所長 竹下義樹

 

謹啓、春陽の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、私こと、平成24年より約3年にわたり育児休暇をいただいておりましたが、このたびつくし法律事務所にて、復職させていただくことになりました。
 この間、皆様方の暖かいご理解のおかげをもちまして、目一杯育児に専念することができました。
 長いブランクとはなりましたが、これよりなおいっそう精進していく所存でごさいますので、今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
謹白
平成27年4月1日
馬杉安沙子

 

陽春の候、皆様ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 この度、私は、平成23年12月に弁護士登録をして以来、3年余り弁護士法人つくし総合法律事務所において執務して参りましたが、竹下義樹先生のお許しを得て、本年4月1日から下記住所にて、東京湾岸法律事務所に移籍する運びとなりました。
 弁護士法人つくし総合法律事務所在職中は、多種多様な事件にかかわらせていただき、多忙でしたがやりがいのある充実した毎日を送らせていただきました。当事務所で弁護士としてのスタートを切ることができたことは、非常に幸運なことでした。
 また、諸先生方をはじめ皆様方には、司法修習の頃からお世話になり、温かいご指導とご高配を賜りましたことを深く感謝しております。
 弁護士は依頼者と事件に育てられると言いますが、今後とも、多く依頼者と接し、多くの事件と向き合いながら、より一層精進していく所存です。
 未熟者ではございますが、今後とも皆様方のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
敬具
平成27年4月1日
佐野真太郎

移籍先事務所
〒279-0022
千葉県浦安市今川1-1-52 ファインクレーネ新浦安305
東京湾岸法律事務所
TEL:047-305-6277 FAX:047-305-6278