新着情報

2015年1月 5日所長 弁護士 竹下 義樹

年頭のご挨拶

 あけましておめでとうございます。
 2015年が平和で穏やかな年となることをお祈りします。

 2014年は皆さんにとって順調な1年となったでしょうか。
 2014年は事業経営にとっても家計にとっても変動の多い1年だったといえるのではないでしょうか。
 昨年4月には消費税が5%から8%に増税され、アベノミクスという金融政策によって株価は上がり円安が進みましたが、それによってわが国全体としての経済成長は前進したと言えるのでしょうか。GDPは伸びず、実質賃金は16ヶ月連続して下がり続けています。私たちの日々の暮らしは苦しくなるばかりだと言わざるを得ません。
 そして、さらなる消費税の増税を先送りすることを主たる争点とした総選挙が、年末にあわただしく施行されましたが、税金の無駄遣いとしか言いようのない選挙でした。結果も予想通りとしか言いようがありませんが、政治の態勢にはほとんど影響がありません。
 第三次安倍内閣は広く日本に豊かさをもたらしてくれるのか、さらには集団的自衛権行使容認によって日本の平和が脅かされることはないのか、この1年を皆さんとともに注視していきたいと思います。

 わが事務所も昨年の反省をふまえ、この1年を充実したものにする決意です。弁護士の活動が皆さんの事業の繁栄に結びつき、それぞれの幸せをもたらすことに結びつくとともに、所員の1人1人が自らの人生を豊かなものとする1年にしたいと思います。

 この1年が皆様にとって幸多い年となりますよう祈念し、年頭の挨拶とします。