新着情報

2013年1月17日所長 弁護士 竹下 義樹

年頭にあたって

 2013年が表面上は穏やかにスタートしました。「巳」年である本年はどのような年となるのでしょうか。

 「巳」は現世では蛇とされています。蛇の特徴は脱皮を繰り返すことと後退することなく前進あるのみということだそうです。蛇は脱皮を繰り返すことによって成長し、生命を保ちます。脱皮を止めると死んでしまうそうです。私たちも気持ちの上では古いものにとらわれることなく、新しい環境を取り入れ、現在を乗り切るために精神的な「脱皮」をしていかなければならないのかも知れません。

 蛇は鱗を巧みに動かして素早く前進しますが、後ろに戻る(後退)ことはできないそうです。私たちもどんなにつらくとも後退することなく、一歩でも半歩でも前進する1年にしたいと思います。ちなみに、巳年生まれの人は包容力があり、目標を定めて忍耐強く目標を達成するそうです。是非、巳年生まれの人にあやかりたいと思います。

 私どもの事務所は、昨年はベビーラッシュ(?)でした。馬杉弁護士が昨年1月に女児を出産し、佐野就平弁護士の奥さんが4月にやはり女児を出産されました。また、一昨年当事務所から東京に移籍した志水芙美代弁護士も3月に女児を出産しています。今年も当事務所の弁護士と事務員が出産を控えています。とてもめでたいことが続きます。

 しかも、今年から新たに当事務所に梅田正樹弁護士が加わりました。本年1月17日に弁護士登録を終えたばかりの新人弁護士です。しかし、彼は法曹人としては決して新人ではありません。私と同期(研修所ではクラスメイト)であり、28年間検事として奉職したベテラン法曹人です。検事と聞けば「怖い」という印象がありますが、彼はとても優しく明るい人柄です。弁護士としてはあくまでも「1年生」です。諸先輩のご指導と同僚との連携によって弁護士としての経験を重ね、依頼者に信頼され、ニーズに応えられる弁護士に成長していくものと確信しています。みなさんの暖かいご支援をよろしくお願いします。

 この1年が「つくし」の花言葉である向上心を持ち、巳年にふさわしい粘り強く依頼者のみなさんの悩みに寄り添いながら期待に添える事務所となるよう、努力して参る所存です。1年間よろしくお願い致します。